読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会学

障がい児、障害者支援の基本的視線

ぶっちゃけ、自宅のパソコンは調子おかしいし、泣きそうである。まあまだ当事者と家族の相談に乗れるので精神力的には余裕ありだ。今日は社会福祉の仕事と現場のお話しである。 社会福祉の仕事・現場には、科学的な視点が欠かせません。科学といえば「理科系…

3.11「父へ」

震災から6年が経ち、毎日の仕事の忙しさにあの震災での心象も社会の中では風が吹いて風化されてきている。私事だが、父の親兄弟は仙台の志津川で東日本大震災により4人亡くしています。6年前の震災当日、横浜の消防団長である父は消息不明の兄弟家族の事は後…