読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉

障がい児、障害者支援の基本的視線

ぶっちゃけ、自宅のパソコンは調子おかしいし、泣きそうである。まあまだ当事者と家族の相談に乗れるので精神力的には余裕ありだ。今日は社会福祉の仕事と現場のお話しである。 社会福祉の仕事・現場には、科学的な視点が欠かせません。科学といえば「理科系…

3.11「父へ」

震災から6年が経ち、毎日の仕事の忙しさにあの震災での心象も社会の中では風が吹いて風化されてきている。私事だが、父の親兄弟は仙台の志津川で東日本大震災により4人亡くしています。6年前の震災当日、横浜の消防団長である父は消息不明の兄弟家族の事は後…

YDSC『生徒に必要な支援の3段階』

子どもたちにどのような支援が必要なのかを考えるとき、学校心理学で説明されている3段階の心理教育的援助サービスの考え方が参考になる。 一次的援助サービスとは、「全ての子ども」の援助ニーズに応じる開発的、予防的な活動だ。 例えば、入学時や進級時…

相談支援事業のご紹介『地域における相談支援』

基本相談支援業務を通じて、地域における相談の傾向性を見極めていくことがソーシャルアクションにとって重要です。 具体的には、障害種別で目立ってきているのは身体障害か、知的障害か、精神障害か、その他 か、相談の内容で目立ってきているのはどのよう…

YDSC『障害の定義』

一言に障害って言っても様々な解釈がある。ではざっくばらんに何をもとに障害という定義を付けるのかみな考えたことがあるのではないかと思う?一般に障害は二つの側面を包括したうえで論じる差異の現象であるといえる。 『医学モデル』 医学モデルとは、障…